メディアの仕入判断を極める。

はいさい! いずみです。

昨日はNAHAマラソンでしたね。今年も盛り上がりました!

「国内最大級の市民マラソン」で、県外や海外の参加者も

1万人を超えたそうです。

確かにこの時期のオキナワは冬と言うよりは内地の秋の

ような気候だからマラソンには最適です。

o0389059613504949993

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、仲間とチャットで話していたら、メディアの

仕入のことで質問を受けました。

仕入判断が全く合わない。という内容です。

これは前にもシェアしましたが、今日はもうちょっと

掘り込んで説明します。

メディアのジャンルは非常に中古市場が活発なジャンル。

だけど、残念なことにプライスチェックやモノレートの

変動グラフは新品が売れても中古が売れても上下します。

ここに落とし穴があります。

そこで売れた時に「新品」が売れたか「中古」が

売れたか判断しなければならないのですが、

モノレートだと比較的簡単に予想をつけられます。

「期間毎の最安値の表」で判断します。

例えばこの商品、直近30日間で9個売れてますね。

o0537029513504950941

 

 

 

 

 

 

例えば11/2に売れた商品を「期間毎の最安値の表」で

見てみます。

ランキングは前日82611位から13412位まで一気に

上昇しているのでここでも売れたことが確認できますね。

それで注目してもらいたいのは「出品者の数」です。

o0800051913504953690

 

 

 

 

 

 

 

新品出品者数は22人から21人に減少、中古出品者は32人のまま。

ということはこの日に売れた商品は「新品」と判断できます。

このように新品だと推測される日を緑、中古だと推測される日

を赤、人数変動がどちらもなく判断がつかない日をグレーと

色分けしてみると、この商品は…

新品 6個
不明 1個
中古 2個

と推測できます。

今回は新品商品が売れていましたが、もちろんその逆で

中古しかほとんど売れていないような商品もあります。

出品者が複数在庫を保有している場合は売れていても

出品者数の変動はないという難点はありますが、

それでもこのように「期間毎の最安値の表」の出品者数

の動向を目視してカウントすることで、その商品の市場

が「新品」よりか、「中古」よりかの把握ができるので

ぜひやってみて下さいね~。

最後まで読んでいただき、にふぇーでーびる!

あんしぇー、またやーさい♪

【編集後記】

僕が所属するコミュニティでは

「月商100万目指そうぜ!」チャット

グループで仲間たちが次々と達成

宣言しています!

100万やる、150万やる、300万やる

みんな宣言の数字は違いますが、

12月は一気に突き抜けるチャンス。

今の数字の推移だと皆いけるかどうか

って感じなんですけど、そうじゃない

とチャレンジのし甲斐がないですよね。

みんなに影響されて、ついつい僕も

月商400万達成宣言しちゃいました。

大丈夫なのか~???笑

ブログランキングに登録しています。ポチってくれるとメッチャ嬉しいです♪


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ